1月15日(土) 新型コロナウイルス感染者1名の発生について

当施設における新型コロナウイルス感染者の発生について

 2022年1月15日(土)、当施設のスペースこむぎ職員1名が、新型コロナウイルス感染症のPCR検査の結果、陽性であることが判明しました。
最終出勤日は1月14日です。

  当施設は、この感染者の発生を受け、保健所に状況を伝えたころ濃厚接触者に該当する者はいないという判断を受けました。
その他の接触者となる該当職員6名には、抗原検査を行い全員 陰性という結果でした。

・上記の報告を受け1月15日(土)に施設内の消毒清掃を終えております。

 運営(営業) について
   ・スペースこむぎの運営については、その他接触者となる職員の検査の結果、陽性者及び濃厚接触者もいなかったため、学習支援については通常通り行います。21日(金)のテイクアウトに関しましては職員体制がとれないため中止とさせて頂きます。

   ・保育所・学童クラブ・デイサービス・訪問介護・居宅介護支援の運営については通常通りとなります。

 今後も引き続き、地域の皆様、関係者の皆様及び全職員の安全を最優先とし、感染防止に取り組んでまいります。
  なお、疑問・ご不明な点については、職員に遠慮なくお尋ねください。

   2022年 1月 14日(火)
   広島キリスト教社会館
   センター長 林 修二

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA